CORPORATE INITIATIVES
取り組み
サスティナブルな社会実限のために
ヘイコーパックが出来ること
資源の再利用の実現化で、
地球に優しい工場を目指します。
「たとえ小さな一歩でも、昨日より確実に前へと進んでいること。」
それこそが、わたしたちヘイコーパック株式会社のモットーです。
環境管理
・環境管理には細心の注意を払い、改善を続けています。
・プラスチック廃棄物の再資源化(リサイクル・固形燃料化など3分類)
・紙廃棄物の完全リサイクル(5~10分類)
・自社完全再生紙の実現(那須製紙)

排水処理
インキの洗い水や接着剤の洗い水は、専門業者に処理を委託しています。
これ以外の工場廃棄物もマニフェスト管理を徹底。ただし、インキ、接着剤等の手洗い水や若干の掃除の水等には色が残ったりするため、すべての排水はフィルター処理⇒オゾン処理⇒活性炭処理をして、浄化しています。

熱の再利用
・フレキソ印刷乾燥に用いる熱風は、その廃熱を熱交換して、冬期は工場内の補助暖房
 として再利用しています。
・廃出される熱風の最終工程には、乾燥BOXを設け、機械やインキ等を掃除した後
 ウエス(布)を乾かし、再使用したり、ウエスの焼却時環境負荷を抑えるなどの取
 り組みをしています。

5Sの取り組み
・5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)に取り組むことによって仕事の質を高め、チーム力を高めることができます。今を見える化し活動そのものを改善して、一人一人の知恵とがんばり、そこから生み出した効果を共有する取り組みをします。

その他の取り組み
・旧式の機械のメインモーターをインバータモーターに順次取り替え、消費電力の軽減
 に取り組んでいます。
・照明のLED化を2019年中に完全実施。
・蒸発熱を利用したコンプレッサーと触媒を使用しない空調機を使用(H25CB部門)
・生産ロスの低減を常に最重要課題として取り組んでいます。
・フレキソ、グラビアインキの100%水性化、接着剤の環境ホルモンフリーなど、常に
 業界に先駆けた取り組みを行っています。
資材用エアーシャワー
5Sの取り組み
廃熱を利用してウエスを乾燥
環境を考えた素材の紙袋①
那須ペーパー
5Sから生まれた自社再生紙
手間暇かけて再生するという選択
5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)に取り組む中で、工場廃紙も細かな分類ができるようになり、その結果、廃紙を直接製紙工場に持ち込んで自社の材料だけで再生紙を作ることを可能にしました。製紙過程で、脱墨や漂白を最小限に抑えて撥水の環境影響にも配慮した再生紙です。特に二種類のリバーシブルペーパーは、ライナー紙などでは作れない50g/の薄さで抄造が可能です。包装紙、平袋、角底袋、封筒などにもお使いいただけます。
おすすめポイント
片艶未晒と晒、片艶晒と未晒の二種類のリバーシブルペーパーがあります。独自の配合比率でナチュラルな風合いと強度を両立しました。
環境を考えた素材の紙袋②
ライナー紙
段ボール素材をそのまま紙袋に
今あるものを工夫して活かしきるという選択
一般に紙袋に使われるライナー紙は、製袋用として特別に抄造された物が一般的です。そのため発注ロットも大きく製袋メーカーもユーザーも無理な在庫負担となることが少なくありませんでした。私たちは特別な紙ではない通常の段ボール原紙を、加工段階で工夫し、そのまま機械製袋することを可能にしました。一般のクラフト紙と同様に、極小ロットから必要な数量をご提供させていただきます。
おすすめポイント
●170m/の厚みがあるのに安価です。
●OFJと言われる袋の口を折り返した紙袋です。
 (正面巾150mm〜380mmに対応しています。)
●表裏の素材を活かしたデザインができます。
正社員の25%が障がい者
障がい者の雇用と活躍。
すべての部門で健常者と共に働き、
すべての製品の製造に関わっています。
敬愛工房は障がい者中心のチームです。
紙袋の把手付け作業
商品の個包装
底ボール入れ
紙パッキン
目標は元気な挨拶と笑顔で楽しくすることです。
製造部 敬愛工房 リーダー
現場から持ってきた紙袋に底ボールを入れています。底ボールは一枚が薄いので2枚にならないように確認してから入れます。 気をつけていることは作業手順を守る事です。守ることでミスが少なくなります。あとは日付印やシールを確認する時は一人ではなく2人で見ることにしています。 入社当初に感じたのは鈴木社長の優しさでした。今は自分にやりがいが持てる仕事で良かったと思っています。 今後の目標は元気な挨拶と笑顔で楽しくすることです。
障害者サポートリーダー 小野寺恵美子
 総務の仕事をしながら障害者サポートリーダーとしての役割も担当しています。 
 日々、いろいろなことはありますが、 人間関係でトラブルが起きたとき、『自分がされたらどうなのか』を話すようにしています。嫌な言葉を投げかけたら、『自分がいわれたらどうなの?』と、常に自分に置き換えてもらうように努めています。 最初のころは段取りなどを指示していましたが、いまはリーダーを決めて作業を進めています。それぞれの持っている力を発揮できているのではないかと思います。
 私の姿を見ると逃げていく人もいますよ(笑)。何か問題があるときはあきらかに表情が違うのでわかるのですが、困ったときは自分から相談できるようになってほしいです。支援者の方もいらっしゃいますが、できることは社内で解決していきたいと思っています。
敬愛工房は障がい者を中心としたチームでニ次加工や小分けを行う部門です。
障害者雇用 中小事業主に認定されました。

(もにす認定制度)

障害者の雇用の促進及び雇用の安定に関する取組の実施状況などが優良な中小事業主を厚生労働大臣が認定する制度です。
認定制度により、障害者雇用の取組に対するインセンティブを付与することに加え、既に認定を受けた事業主の取組状況を、地域における障害者雇用のロールモデルとして公表し、他社においても参考とできるようにすることなどを通じ、中小事業主全体で障害者雇用の取組が進展することが期待されます。